[2004年11月15〜16日 葛葉深風さんとおでかけ]

あら、グリーンじゃないですか(笑)。


<おことわり>
(1)実は深風さんが北海道に来ることは、パカ話なんでもBBS(当時のうずまき茶店のなんでも掲示板)でも内密になっていました。管理人自身もその頃のメッセで、あまり他言しないように言われていたために、サイトには一切書いていませんでした。そのため、迎撃記も匿名での執筆を考えておりました。

ところが、あるサイトにて堂々と名前が公開されてしまいました。
(具体的に「札幌に来る」と書かれていたわけではないが、本人は不快だった模様)
そのため改めて深風さんにお伺いしたところ、今回の迎撃記を書くことに関しては快く承諾していただきました。
改めて深風さんにお礼申し上げます。
#親しき仲にも礼儀ありとは、よく言ったものだ。仲がいいとかで好き勝手しちゃイカンのよ。


(2)ご存知の方も多いと思いますが、深風さんとはメトロレンジャーでもおなじみ「しおん」さんのことです。
HN変更しているので、今回の迎撃記は「深風」で統一しています。

<15日>
というわけで、当初の予定通り旅行で北海道に来ている葛葉深風さん
15・16日のお相手をすることになりました。
鉄もんは鉄もん同士じゃないと、鉄関連の所には行きにくいですからね(笑
でも、考えたら鉄もん同士といえばコレなんですよね。
今日のおでかけにサブタイトルをつけるなら

「チヨダ・グリーンと怪人べるずの奇妙な冒険」

#決してチャルメラを鳴らすわけではありません。


というわけで、お迎えに行く。地下鉄白石駅まで。
朝飯がまだだというので、開いている手ごろな店を探す。
北海道のファミレスは24時間開いていないことが多く、しかも現地付近だとロイホしかない。
滞在費のことも考えてなるべく安く済まそうかということで、目的地の厚別方面に向かいながらガストを探す。
#実はドリンクバーのココアが目当てだった(笑

と こ ろ が

開いてない_| ̄|○
信じられないのだが、大半のガストは10時オープン。
(でも後で調べたら豊平店が24時間営業だった)
じゃあ、ステーキヴィクトリアでもいいかと思い、厚別に行ったらそこも10時オープン。
深風さん、地域による格差に驚き。

結局、近くのなか卯に決定。まぁ、手ごろでいいやね。
自分は朝飯を食べてきたので、つきあい程度に小うどんを。
深風さん、朝からかなり食べてます(笑

さて、深風さんの別の顔といえば「マリカ飯店東海支部長」。
ここでは「北海道支店長」と「東海支部長」がサイト運営などについて意見交換。
また、ここでは深風さんの前サイトの閉鎖に至る事情も特別に教えていただいた。
(もちろんここで言うわけにはいかないが、サイト運営に対する真剣な姿勢を感じ取った)
「サイトや会の運営に、私情を挟んではいけない」ということで意見一致。



そして今日の最初の目的地である、青少年科学館へ。
サンピアザに車を止めて、いざ東西線シミュレーターへ!

…と思ったら、臨時休業だったなんて…_| ̄|○

「明日来ましょうね」と、うなだれるワタシに声をかける深風さん。
せっかくなので、こどもの国でパカSP協力プレイしてきました。
あとは、パカ1やったり、深風さんはポップンやったり。


で、次はどうするかということで、深風さんの希望で開拓の村へ。
新札幌よりもさらに奥へ…
そして到着したのはいいが月曜日は休村日だったなんて…_| ̄|○



もはや打つ手なしの状態だったが、こうなったら早めに行きますかということで…
札幌ウィンタースポーツミュージアムに行きました。
#初めて知りましたが、深風さんはスキージャンプなどを見るのが大好きなんだそうです。
行く途中に南北線高架下の交通資料館を外から観察。
目の前にある古い車両に深風さん感激&撮影会(笑

さて、ワタシも初めて訪れたウィンタースポーツミュージアム
駐車場からやたら長い新御茶ノ水ばりのエスカレーター(例えは千代田線)を上って入口へ。
平日、しかも月曜日ともあって人は少ない。のんびり見ることができそうです。
入り口から入った先には2階展示室。深風さん早くもいろいろ見ています。その後をついて行く。
でも、2人して南北線開通の写真パネルを凝視したね(爆
#札幌オリンピックの年に開通したので、地下鉄関連の展示物もありました。

スキーやカーリングを手で持つこともできるところがありました。
カーリング重い!


1階へ行くと、テレビでも見たことのある体験コーナーが。
スキージャンプ体験…45分待ち?!人気あるなぁ…。
先に他のものをいろいろ見てみました。

アイスホッケーのゴールキーパー体験を深風さんチャレンジ!
モニターに写された選手がパックを打つ画面が表示されます。
それをふさぐように移動しろというのですが、速過ぎです。
それでも、深風さんは5本中2本のシュートを止めました。すげぇ。

ボブスレー体験
乗ってみましたが、意外に広い、そして動かない。
クールランニングとかで見たことありますが、2人の体重では傾けられません。
#深風さんが軽い。

クイズコーナーにチャレンジ。
タッチパネル式のモニターで、3択。
一緒に考えましたが、さっぱりわかりません。
上級はもはや適当でしたが、それでも2問正解しました。

ライフル射撃体験
ゲーセンのゴルゴ13を思い出しますが、ライフルは重く、本物使ってます。
でも実弾を撃つわけではなく、射撃のみが光線銃のような感じです。
2人でチャレンジ、意外に難しく、的になかなか当たりません。
ワタシがかろうじて2発くらい的に当たりました。

スキージャンプ体験
といっても、ここのミュージアムの人気のヤツではない簡易的なもの。
ジャンプのタイミングだけで飛距離が出るというもの。
まずは深風さん。ジャンプの結果は112m。なかなか難しいようです。
次にワタシ。かなりギリギリでジャンプしたので、K点超えで結果は147m!
しかし、よく見たら本日の最高記録に1m及ばず_| ̄|○

結局その間に団体のお客さんが来て一番人気のジャンプ体験はできずじまい。
ところが深風さん「いいですよ〜、どうせね、また近いうちにきますから」
グリーンは強かった(笑


ミュージアムを出たときには雨で、リフトでジャンプ台の上に行くことはできなかった。
反対側にあるレストランで遅めの昼飯。レストラン、誰もいません(笑
で、ワタシが頼んだのはコチラの“K点ラーメン”。(深風さんはオムライス)
ここでも朝のなか卯の続きです。熱いモン同士。
#だから、あの発言が冗談だと言うのは、誰でもわかっていたということだ。
#勘違いでオーナーや支店長どころか飯店そのものはえらい迷惑をこうむったものだ。



その後ピースキューズへ移動。イチダントアール生クリアの実演(笑
しかしあまりにも長すぎるため、中間では深風さんはシューティングとか格闘ゲームしてました。
戻ってきてもワタシはまだやってましたけど(笑
深風さんはただ一言「凄すぎる…」。


そこから今度は中の島へ。
BUZZしました。隊員とするのは5月のキシンドウさん以来かな?
結果はBUZZサイトで閲覧できますので、ソチラを。


本日の外出はワタシの都合で時間制限があったため、午後7時ごろに解散。
paloまで送りました。明日こそは、と思いつつ(笑
#色が…

<16日>
前日に続き、地下鉄白石駅で待ち合わせ。
地下に降りて、ちょっと東西線分を吸収しつつ(笑
#あ、8000じゃ効果薄いです。

前日、ガストを求めてさまよっていたのだが、今回はもしかしたら9時オープンかも?と予測した平岡店へ。
ここも10時だったのか_| ̄|○
やむなく本日は朝マックに決定。厚別まで行きました。
なんか朝マックなんて久しぶり。

ここで、深風さんがあるものをくれるという…。一体なんだろう?
深風さんのバッグから出てきたものとは…

とわさんと深風さんが写った全身プリクラシール

ストラーイク!(何
いや、もう本当に役得です。作者でよかった(笑
#あまりにも興奮しすぎて忘れて、後からもう1枚もらったというオチ。


さて、今度こそ行きました。青少年科学館
さすがにほとんど人はいません…入り口付近は。
入るのは小学校のとき以来かな?約15年ぶりです。

東西線シミュレータのある3階は…同じ帽子をかぶったお子様だらけでした。
(たぶんどっかの学校)
当然、東西線も回しプレイ同然で、われわれが立ち入る余地が無し(笑
運転席は男の子たちが奪い合い、マイクでは女の子が車掌のマネしてるし…。
仕方ないのでどくまでの間他の展示物を見ていました。
およそ小学生向けといわれる展示物を真剣に見るいい大人2人。
そして、小学生たちがどいた瞬間に地下鉄にダッシュするいい大人2人。

実物の運転席に座り、実際に操縦動作をする深風さん。
横から見てましたが、真剣でした。
しばらく操縦体験したあと、「ブレーキ、いらないんですね」と一言。
自分もやってみましたが、確かにワンハンドルで事足りました。
#なぜなら、マスコンを緩めたらブレーキが自動でかかったから。

あと、これらのシミュレータに関してはコチラのページで紹介しています。


そのあとは飛行機のフライトシミュレータや、似顔絵製作ロボットなどを体験。
2階ではサイクリングやサーモグラフ、身長測定などいろいろ満喫。
童心に返ったいい大人2名。


たっぷり遊んで青少年科学館を後にし、こどもの国で少し遊んで、空港へ。
輪厚のサービスエリアで遅い昼食。

新千歳空港に着き、搭乗手続きを行う深風さん。
出発まで時間があるのでおみやげの買い物にお付き合い。
ワタシから機内で食べるお菓子を差し上げました。
#実はこういう時「買ってやれ」と親に昔から言われている(笑


で、空港の中を探したんですが、ゲームコーナー消えてましたね(泣
4階にプリクラマシンがあったので、2人で写りました。
まさに「支店長と支部長の愛の逃避行」(逃げてません)


そして搭乗時間も迫っていたので、入り口へ。
固い握手をして再会を約束。そして別れ…深風さんは人波の奥へ…
深風さんは金属探知機にひっかかりました。

最後に深風さんの姿が見えなくなるまで手を振ってた自分。
深風さんお疲れ様でした!今度は交通資料館が開いている時期に来てね!(笑



そして、11月16日の日記へ続く。


戻る

inserted by FC2 system