[2005年3月6日 札幌迎撃 2日目]

宴の後のあわただしい行動。そして前日のリベンジ。
この日はもう全然パカオフでも何でもない(笑


<6日>
食事終了後もあわただしさは止まらない。
参加者のRAKさんやヨホさん等、一部の方々が当日帰りなのである。
最終便に間に合わせるには、19時50分頃に札幌駅を出る快速エアポートに乗らないと間に合わない。

というわけでここからはワタシの車でピストン輸送。
なにしろ8人もいるので、一度には運べない…(車も軽自動車ですし!)

まず最初に快速エアポートに乗る組(RAKさんなど)、次にJR特急(しろまさん)、最後に明日も札幌滞在組(とわさんなど)という順番にすることにした。
#しかも最後のグループ、福住駅のバスターミナルが見たいとか言い出した!(笑
だが…


出 て こ な い


聞けば、金を集める時に1000円札がテーブルの上にあって、それが誰なのかということらしいが…

誰のでもいいじゃんとか思った(相模原で味を占めましたかべるずさん)

で、ようやく出てきたので車に乗っていただく。
最初はRAKさん・ヨホさん・和さんの3人、快速エアポート組である。
福住の展望園から澄川駅は、一本道で車で10分にも満たない距離である。まず3人を澄川駅で下ろす。

大急ぎで福住に戻り、次はJR特急で帰るしろまさんと、NALさんに乗っていただく。
後を追う形で澄川駅まで送った。

そして問題のとわさん・狩魔さん・深風さん。
何を思ったのか、そして誰が言い出したのか(たぶん狩魔さん)福住駅に行きたいとか言い出した。
要するに、コレが見たいらしい…。あなた達…^^;
しかし、とわさん・狩魔さん・深風さんの言うことに逆らっては後にたたります。
というわけで最後のグループだけ進路変更で福住駅へ。澄川駅よりは近い。
この間、車の中で「あずさ2号」を流していたのだが、全員で車内で合唱。
貴方達、年はいくつですか(オマエもな)。
#あずさ2号…原曲は昭和52年、「狩人」のデビュー曲。最近SUPER BELL"Zがカバーした。



そして、リミットが迫る!
なにしろ澄川駅・福住駅と福住の展望園を3往復、そして帰りのことを考えて澄川に車を置くため、最後の福住駅から澄川まで移動しなければならない。
大急ぎで澄川まで戻り、車を置いてすぐさま一行の後を追いかける。
ドニチカキップで改札をくぐり、地下鉄に飛び乗り…


見送りに間に合いませんでした…_| ̄|○

NALさんの話だと、NALさん・しろまさんでギリギリのタイミングだったそうです。
ということは、とわさん組も間に合わなかったと…(汗
#そもそも東豊線なんだから間に合うわけが無いか。

ひとまず3人にメールしました。即返でした。
見送ることは出来なかったけど、なんかそのうちまた会いそうな気もしたのが不思議だった。
RAKさん、ヨホさん、和さん ありがとうございました。そしてお疲れ様。


札幌駅でとわさん達と合流。全力疾走したらしく3人ともへばってました。
少し改札前のベンチで休憩したのち、ホテルのチェックインに向かったNALさんを待つ間どこかに入りますかという話になり、駅北口のドトールに決定。
オーダーが全員ホットココアという異例の事態。まさにココア同盟オフ状態(笑
#とわさんだけサイズがでかかった。さすが会長。

ところが、オーダーしている間に座席をとられてしまったらしく、開いている席が減った。
4人で並べる席が無い…まぁ、仕方ないかと思っていたら奥の空席の横に座っていたお兄さん達が席を立った!
(狩魔さんも言ってたが、察したのではないかということだ。ワタシもそう思います)

ドトールのココア
ドトールのココア。飲みやすいですね。



やがてNALさん登場。メールの書き方がわかりにくかったようで迷ったのこと。すみません。
時間も遅いし、何をしようかという話になり…思い切って提案したことで一同が賛成。それは

東西線6000形、第1編成をつかまえる!

というものだった。これ、かなりのバクチである。
確かに昨日の夜に見たから、運用はされている。だが、今日も夜の運用に入っているとは限らない。
しかし、明日にはとわさんと狩魔さんが帰ってしまうので、そんな暇も無くなる。
これが、ラストチャンスだったのだ。

というわけで一行で南北線さっぽろ駅へ。

新型の改札機
新型の改札機。古い改札機が順次置き換えられています。


南北線5000系
麻生行きの501号車を何気なく撮ってみました。


大通で下車し、東西線ホームへ。
新さっぽろよりの地点で、宮の沢行きに的を絞って601号車が来るのを待つ。
宮の沢行きの4番ホームは、前駅のバスセンター前駅との間が直線なので、前駅に電車が止まっている時にLEDの有無で6000形か8000形かも確認できる。
(逆に3番ホームはカーブになっているので、直前まで確認がしにくい)
というのも、新さっぽろ行きはなぜだか8000形ばかりだったので、可能性としては宮の沢行きかな、と思った。


813号車Aライナー
新さっぽろ行きに来た813号車、Docomo広告のAライナーでした。


宮の沢行きには、6000形が何度か来た。期待は高まる。そして…

べる「あ、あれも6000形ですねぇ」
狩魔「あれじゃない?」
べる「…ん?ちょっと待て!あー!あれだ!!」


601号車、登場!!


喜びのあまり、大通駅での撮影を忘れました(笑
とわさん・狩魔さん・深風さんの撮影タイム。NALさんは後方で見守る。
時間的には22時を回っていたが、時間的には余裕で宮の沢まで行って戻ることができる。
一行で乗り込み、宮の沢駅の折り返し停車時に撮影続行、ということにした。

円山公園駅発車後の急カーブ(直角)を加速しながら走る601号車。
西28丁目駅の入線直前のナゾのカーブをそのまま通過する601号車。
西28丁目駅発車後、西車両基地への引込み線の横を通って車両基地の下を走る601号車。


そして、宮の沢駅入線直前「曲線部通過のため…」のアナウンス。
1番ホームに入るようだ。これはありがたい。
(以前の撮影で、2番ホームの新さっぽろよりの部分が狭かったので、撮影には1番ホームが適しているのは把握済み)



そして宮の沢駅でとわさん・狩魔さん・深風さんの熱い視線を受けて撮影されまくる601号車。
今日一番の人気者である。モテモテだね!(笑
#果たして、さよなら運転はやってくれるのだろうか。

横から
ホーム柵があるのは仕方ない。やがてホームゲートになったら、こんな撮影も出来なくなる…。

正面から
正面から。宮の沢駅はホームが湾曲しているため、その様子がわかる。

まだまだ走れるんだけどな…
今日は、早い段階でライトがついた気がする。
反対側から来た運転手さんの目に、我々はどのように映ったのだろうか…。




やがて発車時刻となったので撮影回は終了。すぐさま乗り込む一行。
23時近い電車なので乗客も少ないです(大通は多かったですが)。

西11丁目→大通のあのカーブを通過する時は
とわさんを進行方向を向くように立たせて、あの揺れを見てもらった。
大喜びだった(笑

東西線大通駅 イメージ図
西11丁目から来た電車は、まず左に曲がるので、電車は左に傾きます。
次に一旦水平に戻り、今度は少し右に傾きます。
そしてなぜだかちょっとだけ元に戻った後、一気に右側に傾き、そのままホームに入ります。
ホームに入った時に戻る、といった感じです。


大通で601号車を見送り、今度は深風さんを送るついでに北12条駅の見学。
事前のメセで、「南砂町より浅いですよ」ととわさんに宣伝しておいたためである(笑
階段にして44段(南砂町:68段)。2番出口から出て、1番出口から戻る。
とわさん曰く「浅すぎ!(汗」
ここで深風さんとお別れ。お疲れ様です。

やってきた電車に乗り込み、大通でNALさんが下車。お疲れ様です。
さて、昨日に続いてまたこの3人(とわさん・狩魔さん・べるず)が残りました。
何はともあれ澄川まで行き、車を取りに行く。

ガソリンが少ないので、給油したいのだが今の時間だと24時間スタンドしかない。
そういえば、美園のJOMOに、なんかコーヒースタンド(無人)みたいなのが出来てたな…。
というわけで、ココア同盟会長をココアという単語で釣り、美園に行くことに。
給油している間、試してもらいました(自分も買いましたけど)

美園のJomoスタンドで。
やっぱりインスタントでした。横にあるのは会長の携帯(笑


美園から環状通を通って中島公園を目指す。
この時車内では「かいじ101号」が流れていたのだが、また3人で熱唱。
なに、何なのこの3人(流す方もどうかと思うが、歌う方もどうかと)。
こうしてヘンなところで絆は深まるものですね。


2人をホテル前まで送り、明日の時間を確認してお別れ。お疲れ様でした。
長い一日が終わった。しかし、この楽しいのもあと残り2日しかない…。


6000形←今日のMVP(笑

6日(前編)へ戻る7日へ

inserted by FC2 system