[2005年11月18日 狩魔・べるず・とわ・深風の札幌ツアー 1日目]

ミッキーレンジャーや麻美様ラヴァーズ四天王にひけをとらない4人組の物語。


・1日目(18日)

前日までの残業地獄に耐えられたのは、ひとえにこの日があったからかもしれない。
というわけで3ヶ月ぶりに狩魔さんが、約半年ぶりにとわさん深風さんが札幌に来ます。
前日までけっこう咳が酷かったんですが
ワクワクしすぎて熱まで出してよみのようにはなってません^^;
※わからない人は「あずまんが大王」を読め。

今回は一人一人到着時間が異なる。
というわけで最初の来訪者・とわさんを車で空港まで迎えに行く。
輪厚のパーキングエリアでパンとココアを買って車を走らせながら食べる。
千歳インターから出てしばらくしてからメール受信。この音はとわさんだ。

「定刻より10分前に着きました」

早すぎです_| ̄|○
そこでANAが気を利かせなくてよろしい!(そりゃ早く会いたいけどさ)
送迎ゾーンが迷うかもしれない場所にあるので、到着ロビーでそのまま待ってもらう。
※送迎ゾーンは一度2階に上がって、また下りる必要があるので手間がかかる。
車を空港駐車場に入れて、3ヶ月前に狩魔さんに好評(違)だったサングラス装着。
反応が楽しみだと思いながら到着ロビーへ。おぉ!とわさんいたぞ。半年振り〜。

とわ「あ、べるずさ〜ん。お久しぶりですー!」

…あれれ??ツッコミがない!_| ̄|○
楽しみにしていたのに!(バカ
突っ込んでくれよー!

とわ「いや、サングラスしててもすぐわかりますし、似合いすぎて自然な感じでねぇw」

気を取り直してメガネに取り替えて(笑)、車に荷物を入れる。
厚着の所縁か、とわさんは思ったほど寒くは無い様子。
最初に道の駅「サーモンパーク千歳」へ行ったもののまだ売店も開いていない_| ̄|○
千歳川だけを見て(なんかシュールだ)ここから駅ビルの遊戯横丁へ。
以前、北海道音ゲーロケ情報では撤去の情報があったので気になっていたが…なんだ、あるじゃん。
音量が以前より小さく感じたのは、周囲が静かじゃなくなったからだろうか。
順番にプレイしていると店員が寄ってきて、駐車券に2時間無料スタンプを押してくれるという。

店員「このゲーム(=パカ)って、こうやって遊ぶものなんですね。初めて知りました」

…おいおい!(汗
#ちなみに遊戯には何回か来ているが、店員が寄ってきたのは今回初。

ATMでお金を下ろして、NALさんに頼まれた用事2つをこなすことに。
そのうちの一つ、ファンタジオ(千歳駅の高架下のゲーセン)は11時オープンなので駅の待合室で待つ。
そしてファンタジオの中へ。相変わらずドラムマニアが凄いことになっていますね^^;
ファンタジオのドラムマニア
相変わらず凄い配置です。

場末っぽい食堂?!
駅前交差点にある食堂。ビルの中にぽつんと存在します。
営業しているかは不明ですが、のぼりがあるので潰れてはいないでしょう。




さて、今度は観光など。
前回は札幌市内だけで都心部のみだったので、少しは北海道の自然に触れてもらおう、と思いついた。
車中の話題はいろいろ。本州の皆さんも元気そうで何より。
着いたところは支笏湖。(千歳市内なんですが^^;)
さすがに山の中だけあって冷えてます。売店のホットのコーヒー牛乳を飲んでみたり。
湖畔沿いまで歩いて、ピンキーの撮影会。

とわさんのピンキー。
他にもありますが見たい方はとわさんのサイトへ。

支笏湖を後にして、国道453号線の峠道で札幌市内へ向かう。
車内で狩魔さんにヒットしたあのナムコベストヒットパレードを流す。
♪田園調布のホームに 2人連れのあなた〜
やはりツボはリブルラブル?他にも昔を連想する曲調にとわさん大笑い。
♪蒲田であきらめ あー ひとり 行くわ〜

真駒内・カーサに行こうとしたのだが、どうみても休業。
というか、この店潰れてやしませんか(汗
仕方ないのでラーメンに変更。いつもの玄咲へ。
途中、南北線の車両基地の横を通過したのはお約束ということで。
で、玄咲。迎撃する時にいつも連れて行くのはこの店。お勧めだから。
とわさんは味噌ラーメン、ワタシは醤油ラーメン。
やっぱ札幌来たならラーメンやねぇ。ワタシ札幌人だけど。

この先、そして明日の予定でどうしても車の存在がネックになるために、一度帰宅することに。
福住の自宅に到着。とわさんパカラーさんとして初めてべるず宅に入る。
こうしてとわさんあさみ堂の歴史にまた一つ名を残すのだった(笑
1年半ぶりに会った(前回は東京遠征1の時)大きくなった娘をみて驚くとわさん
支度の間、リビングで待ってもらってました。
#隼鷹さんの写真を親に見せたら「落ち着きのある方のようですね」と母親が評した。

第2陣・深風さんとの待ち合わせ場所は新札幌駅。
我が家から行くには、「真105」大谷地駅行きのバスが便利。
大谷地駅(バスターミナル)到着後、駅への階段を下りていたところでハプニング発生。
とわさん紙袋が突然破れて荷物の一部が階段に散乱!(汗
ひとまず中身をそれぞれのバッグなどに分散させて、新札幌で袋を買おうということに。

とわさんにとって半年振りの札幌地下鉄。
到着したのは…お、8000形802号車でしたか。

ですから、Shinさっぽろなんです。 2005年度導入の8000形802号車

新さっぽろ駅到着後、まずアークシティの無印良品へ。ここで紙袋を購入。
再度詰め替えを行い、ちょうどいい時間なので新札幌駅の改札へ。
ここで再びサングラス登場。懲りずに装着する。とわさん苦笑い。

快速エアポート到着、おそらくコレでしょう。
深風さん来ましたー!お久しぶり…

あら…?ノーリアクション?
またスルーされちゃったよ!_| ̄|○
とわさんに続いて深風さんまで…ひ、ひどいわっ!(ハンカチ噛みながら)

深風「いや、普通に似合ってたからねっw」
※ちなみに深風さんのレポだと「あやしいおっちゃん」呼ばわり(笑

どうやらワタシには、エルミラさんのようなネタは必要ないようです(笑
で、そのまま新札幌こどもの国へ…おおっ?パカSPに先客が居るよ!
休憩スペースの高校生の注目を集めたままパカ1やったり…
アレンジギャラガは、やっぱり誰かに見られていた方がよくできる?
狩魔さん・和さんの時もそうだったなぁ。

何を思ったか深風さんドデカミン購入(!
だが、あまりのまずさに飲み干す事が出来ず…ドデカミンはゴミ箱へ消えていった…
パカSPもプレイして店を後にする。

この後の移動手段は、深風さんのリクエストで「地下鉄」に決定!
1番出口から改札口へ。ホームに来たのは…お、6000形ですなぁ。
深風さん顔が緩み始めました。

東西線6000形604号車
深風さんとわさんワタシもニコニコニコニコ…

大通まで乗車し、南北線に乗り換える。
4番ホームの先にあるエレベーターのりばへ通じるホームドアのような壁沿いを歩く。
発車した電車は真横を高速で走り、大迫力!(札幌の地下鉄は加速が速いんです)
真横を電車が通過中!
一度ご体験アレ。

で、エレベーターへ乗るんですが…あれ?とわさんどうしたの?

…よく見ると、↑や↓の、ライトの部分を一生懸命押している…!(爆
そんな高い位置にボタンはないっしょや^^;

南北線は一駅。さっぽろまで。あら、3000形ですわよ(何
さて、晩飯はどうしましょうかということになり、アピアの名店街の案内板の前に立つ。
深風さんが実は食事にある程度の制限がかかっているので、店選びも慎重。
比較的油分の少ない和食系統はどうかと提案してみる。
そこで前から気になっていた「Bowl Cafe」を示してみる。
どうやら、とわさんも気になっていたようで、ここに決定。

とわ「じゃあ、行きましょう」
べるず「あ、すぐそこです」(案内板の真横)

ネギは嫌いなくせにねぎとろは好きワタシ、迷わずねぎとろ丼。
食べて談笑いるうちにオーダーストップの時間になってしまった(笑
マンゴーミルク
最後にマンゴーミルクなるものをデザートがわりに飲んでみた、なかなかいける。


隣のローソンで買い物、ワタシは咳が多いのでマスクと、ポケットカメラ。

第3陣・狩魔さんとの待ち合わせ場所はJR札幌駅西改札口の待合所。
ここは狩魔さん曰く「3月に私たちがへばっていた場所」である(笑
#3月の東京→札幌6日間を参照のこと
ここで、狩魔さんどうしてもリアクションさせたいので今度はサングラスとマスクを併用。
とわさんご提供、怪人べるず(笑
これではまるで怪しいチラシをポスティングする人か、銀行強盗です。
狩魔さんよりも先に鉄道警察隊が寄ってきそうな気もしましたが。

そして特急スーパーおおぞらが帯広から到着。そろそろ来る筈。
ポジションはとわさんワタシ深風さんと並んで座っている。

とわさんが声をかけるが、視線にワタシが入った瞬間
狩魔さん逆方向に無言で逃げた。

やった!やったぞ!さすがに期待通りのリアクション(最低度30%UP)
予想通り「私よりも鉄道警察隊が来ますよ」狩魔さん。勝ったぞ(何の勝負だ
そりゃ、こんなヤツに出迎えられたら誰でも嫌だ(笑

こうして半年振りに揃いました「年齢詐称疑惑4人組」(あずさ2号)

さすがにこのまま歩けない(3人が嫌がる)ので、メガネにチェンジ。
マスクは咳のためなのでそのまま。ひとまずは地下鉄さっぽろ駅へ戻る。
さっぽろ駅のカード販売機で明日のドニチカキップ(今回のメイン)を購入。
中島公園駅へ向かいます。

中島公園駅のローソンで買い物をして、今日のホテルへ。
事前のメッセで決めていたホテル…それは、ビジネスインノルテ…

…に隣接する、「リオ」
古い言い方をすれば、リオは「ラブホ」です(!

※実は以前「今度はとわさん狩魔さんに、リオに入ってもらいますか」とよく冗談で話していた。
ところがその後今回の旅の話が具体化したときに、再度この話が出てきたのだった。


他の都市・区域やホテルはどうかはわかりませんが、リオは追加料金さえ払えば一部屋に何人でも入れます。ラブホは基本的に2名での宿泊(または休憩)を前提にしているので、ビジネスホテルに1人ずつ泊まるよりも安く上がる場合が多いのです。
#リオの場合、一部屋の料金に、1名増えるごとにその料金の半分が加算される。

今回、宿代の節約と翌日の予定を考えて、4人で同じところに泊まるということを申し合わせていた。

そして、リオで選んだ部屋…それは「パーティールーム」と呼ばれる最も広い部屋。
1泊14,000円なのだが「4名様までOK」という破格の部屋。空いていたので即決定。
先に部屋を選んでいたカップルは、我々を見てどう思ったのだろうか…
逃げるようにエレベーターに消えていったが…(笑


リオは前払いなので、とりあえず料金を部屋入口の精算機に入れる。14,000円ポッキリ(笑
そしてドアを開けたその先には…かなりでかい部屋。
ダブルのベッドが2つ(うち、ひとつは床が小上がりのようになっていた)
なぜかパチスロ機(ハクション大魔王)
4人がけの飲食店のようなソファー。
中途半端に和風、だけどかなり広い浴室。

ワタシは(あまり言いたくはないが)過去にリオに来たことがある。
しかしこんな贅沢な部屋は初めてである。もちろん他の3人も。


落ち着いたところでお土産披露大会。
狩魔さん六花亭のお菓子とわさん風月堂のゴーフル同人誌など。
そして一番凄いのは深風さん高級うなぎパイ…だけじゃない!
なんと浜松には「夜のお菓子」以外にも「昼のお菓子」などがある…勉強になります。

ワタシは特に何も無いので麻美様本(仮称)の原稿の一部を先行公開(ぇー

とわさんの誕生日が近い、ということで狩魔さんがケーキを持ってきてくれました。
はっぴーばーすでー♪(10日ほど早いが)
とわさんのための特注ケーキ
なんと名前のところが「せるな」になってます(笑

あと、とわさんエルミラさんから託されたお土産ワタシに渡した。
ちょっとだけ聞いてはいたがどれどれ…



…エルミラさん、あなたワタシをコロスキデスカ??!!
団長の座を狙っていますか?!



あぁ榊さん榊さん榊さん榊さん...(病気)
榊さん、ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!


楽しい雑談も続くが翌日のことを考えて、順番に風呂に入る。
一番手はとわさん、以後は狩魔さん深風さんワタシの順番。
とわさんが風呂の間、狩魔さんとダベってました。2人とも壊れてます(笑

※決して2人ともとわさんの入浴シーンを想像したわけではありません。

そのとわさんも風呂上りの後、ベッドの沈み具合にはしゃいでいた気が。


入った順番に落ちていくのも仕様?
ワタシが風呂から上がった時には全員夢の中…(笑
#全員の寝顔チェック。とわさんどこ向いて寝ているのかわからないほど髪が凄いことに…。
あぁ、またワタシ風呂でそのまま寝かけたけどなぁ。湯船は危ないぞ。
二手(とわ狩魔深風べるず)に分かれて、今日は就寝。

4人で初めて同じ部屋で過ごす夜は、全員豪快に爆睡(笑

ちなみにワタシが風呂から上がって札幌スレに書き込みしたのは3時半ごろ。
そのまますぐ寝たのだが…この3時間後にとんでもない事態が!



続く。

レシート。
おまけ。


戻る2日目へ

inserted by FC2 system