[2007年7月7日〜10日 関西遠征]

七夕!(神戸市営地下鉄)

別れ、オドロキ、宴…怒涛の関西遠征はココからが本番!!


<7/8 その3>西宮タロフォフォ〜新神戸〜西宮〜梅田〜西中島

タロフォフォの時間もあっという間に過ぎてしまい、気がつけばShinオーナー出発の時間に。
新神戸から新幹線に乗るために、再度三宮まで戻らなければいけません…。
せっかくなので、新神戸まで見送りさせていただこうと思い、NALさんにもその旨を伝えました。
NALさんも「べるずさんが同行していただけるなら、オーナーも心強いですね」と。
その前に私は地元の人じゃないんですけどね…(笑

再び西宮駅へ。
携帯とサイフしか持たず、頭にはタオルを巻いているため、完全に地元の人(笑
西宮から三宮までの間、名残は尽きなかった…。

三宮から再度地下鉄で新神戸へ。朝と同じ道を辿り、新幹線新神戸駅へ。
ここではオーナーが車内で食べるものを買うのにおつきあい。
新神戸駅にて
そしてオーナーの乗車する新幹線の到着5分前。
ついに別れの時。
万感の思いが致します。お互いに。

ただ、同時に「絶対にまた再会出来る!」という気持ちになったのも事実である。
我々は、同士であり、盟友であり、マリカ奪い合いライバルであるのだから(笑

姿が見えなくなるまでお互いに手を振り続けた。そして、オーナーはホームへ…。
私は皆が待つ西宮まで引き返すために再び地下鉄駅ホームへ…。

また、別の道になってしまいました。
だが、我らの進むべき道は、本当は同じだということはわかっている。
その道に邁進する為には、時として離れ離れになることも必要なのだろう、と。

ありがとう!オーナー!!
絶対に、また会う約束だぞ!

阪神三宮駅
再び三宮から、西宮へ逆戻り(三宮駅ホーム。この後反対側に9000系が到着…)

阪神西宮駅
西宮駅。他にJRと阪急(西宮北口)がありますが、遠いです。


店に戻りNALさん、いせ野さん達と再び合流。
ここで222系さんの提案で、皆で食事などをしましょうかということになった。
ありがたいことに私の歓迎も兼ねてくれるらしい。こんなに嬉しいことはないです。
3だぁ!さんやsolvaさん、ハーレムエースさん、説さんなどはここでお別れ。
ありがとうございました。

さて西宮駅。
改札を通りましょうか、とサイフを出したら…


あれ…??


3Daysチケットがない…???


これが無いと非常に困る!(滝汗
大急ぎでキャリーバッグなども探すが見当たらない。
もしやと思い荷物を見てもらって、タロフォフォにダッシュで戻ってみた。
説さんや店員さんにも聞いてみたがそれらしき落し物はないとのこと。
道もよく探してみたが見当たらない。


あああ、やってしまったか…
失意のどん底に落ちた私を見ていせ野さんが


「べるずさん、もう一度鞄とかを探してみては?意外に何かに挟まっているかも…」


確かにノートなどに挟まっているのかもしれない。
そこでもう一度大捜索、すると…



まったく意図しない場所からカードが出てきました(汗
確か…誰かに店の中でカードを見せて、その拍子に…



あああ、やってしまったか…(2度目
皆さんを思い切り待たせてしまったぁぁぁぁぁぁぁ



思い切り土下座で謝りました。

…が、顔を上げると既に皆さん改札をくぐってるorz ←2度目

こ、これが関西名物の「ボケ殺し」か…!!(違



乗車したのは山陽電車の5000系でした。
電車は阪神梅田駅に到着。これで阪神電車本線は完全乗車したことに(今回の旅で4路線目)。
階段を上ると、割と近くに地下鉄御堂筋線の改札口がありました。
改札をくぐると写真でよく見る、巨大なアーチ状の天井を持つ巨大な駅が目の前に!
このホーム構造に驚き、下の写真を撮影していると…

CHUさん「べるずさんって建築関係のお仕事をされているんですか?」

これが地下鉄梅田駅(2番ホーム)
梅田駅2番ホーム。かつては1番ホームもありましたが狭くなったので移設。

シャンデリアのような照明に驚き!
シャンデリアのような蛍光灯には思わず目を奪われる。

御堂筋線の車内LED案内装置
到着した電車は新10系でした。新大阪行きですが、その一つ前の駅が目的地なので問題なし。

淀川を渡り、地上に出てまもなく電車は「西中島南方」駅に到着。
ここで先に店に行く人と別れ、ホテルのチェックインだけを先に済ませることに。
222系さんが「べるずさんにとっては初めての土地ですから」と、ホテルまでついて来てくださいました。

今回宿泊するホテルは「ホテルクライトン新大阪」。
なんと阪急京都線の線路が目の前です(笑
実は今回の飛行機の超割を予約した時に、セットで安く確保できました。
平素だと一泊7,000円以上するんですが、今回は二泊で一万円!
キャリーバッグを部屋に置き、とりあえず汗ばんだシャツを取り替えてロビーへ戻る。

案内された店は、阪急南方駅よりも東寄りの「鳥貴族」西中島店。
奥のテーブルには先ほどの大会のメンバー(一部の方は帰宅)がズラリ。
私の席の周りには、TBRさん、CHUさん、222系さん…
強烈な方ばかりで固められています(汗

しかし、一回目の乾杯の後はそんな不安はどこへやら。
そもそも誰かの飲み物が来るたびに乾杯してばっかり(爆
むしろ奥の席にいた人たちが引いていた^^;
焼き鳥屋なので当然焼き鳥がメインですが、食べる時に「串が口に刺さったー」などといちいちリアクションをする私(バカ)、それに大笑いの関西パカラー達(もっとバカ)

222系さん「べるずさん、本当に北海道の人ですか?ノリがよすぎですよ!」

制限時間いっぱいまで楽しく騒ぎ店を後に。
ここで、819さんなど芦屋方面の方々がお帰りになりました。
酔っ払いと化した人もいたが、南方駅まで全員でお見送り。そして…

なんとCHUさんの家はこの近くらしい…!偶然にしては出来すぎている!!
近所のスーパーで飲み物などを購入し、いざ、CHUさんのお部屋へ。
場所は阪急南方駅から程近いマンションでありました。

なべうどん!
CHUさんの家の名物らしいです。これこそ漢の料理!!(笑

何の話かといえば飲み屋の続きの話だったり、パカの話だったり。
ただ、こういう話の場と言うのはなかなかないなぁ〜、と。
住む所も育ったところも違うものの、根幹はパカラーであるから話題は十分。
(222系さんやCHUさんの人間的魅力もあるが)

終電の関係でNALさん達がここで離席。
残ったのは私と、222系さん・CHUさん(家主)。

お2人には特別に、Asami-sama Booksを受け取っていただきました。
まぁ、読んでいただきたいというのもありましたが、本当にお世話になりっぱなしなので。
今日初対面の人間をここまで親切にもてなすのは、相当できた人間じゃないと無理。
※そもそも初対面と言う空気が無い これが関西流なのかも。

しまいにはCHUさんのPCでパカのサントラをかけたりと。
深夜2時過ぎまでダベリ・語りは続くのでした…。

最後に私をクライトンホテルまでお2人に送ってくださいました。
私を心配してのことであり、とてもありがたいことです。

ただ、どう見ても自転車の2人の方のこの後が心配なんですが…(笑
危険ですので、絶対にマネしないでください
終電も過ぎた深夜、自転車で徘徊するパカラー2名(爆
危険ですので、絶対にマネしないでください!



部屋に戻り、バッタリ。
シャワーだけ浴びて、そのまま就寝…。

おまけ

コレは果たして何枚出回ったのか…

CHUさん所有の超お宝パカグッズ!


8日(2)へ戻る9日へ

inserted by FC2 system