[2008年6月24日〜26日 入寺式&ノスタルジーさいたま]

ながい たびが はじまる・・・

いろいろな体験が出来た3日間。
ただし、画像は25日までは少ない(鉄道除く)。


【今回は分け方が変則的になります】

<6/24>
実はこの日、午前中は納骨法要の導師をすることになっていまして。
しかもその場所は、栗沢(岩見沢市)。札幌の隣の隣町です^^; つまり…

午前中で法要を終わらせて急ぎ札幌に戻る
 ↓
着替えを済ませて荷物を持って新千歳空港へ
 ↓
14時30分の羽田行きに搭乗
(東京にさえ着けばあとは余裕)

…と言うなかなかハードスケジュールでありました。

天候が不安視されていましたが、諸天善神のご加護か法要中は雨も降らず。
無事に納骨を終えることが出来ました。
お施主さんも感激していたので、導師を勤めさせていただいた私も一安心。
法要が終わって車に乗った時に、雨が降ってきました。こっちは甘露の雨?



札幌に戻り、若干時間に余裕があったので午前中のことだけブログにUP。
すぐさま着ていた改良服をたたんで荷物の中へ。タクシーで福住駅へ急ぐ。
空港連絡バスが幸いにもすぐ到着し、荷物を一番前の席の荷物置き場へ…
そして寝ていたら…千歳市内で荷物が倒れた音で目が覚めました(笑



さて昼の新千歳空港は平日なのに人が多すぎる。
乗る飛行機にいたっては満席、家族連れが多いのは何故…?
いつも朝早くか、夜遅くにしか飛行機に乗らないのでちょっと新鮮でした(笑



多少出発が遅れた(子供が多いとどうしてもねぇ…)ので到着も若干遅れる。
羽田空港に到着後、京急線のホームでリニア君を待つ。
彼が乗車してきたのは…またしても京成3400形であった…もう見飽きたわ(爆
※この車両は毎回のように乗車しています


このあたりは鉄道ブログ(7/1投稿分)をお読みいただければ幸い。


毎度御馴染み、神保町ミッキー到着。
さすがに平日のこの時間ではパカラーは誰もいない。
ノートに一言残し、マリカを描いてパカにいそしむ。

ここでRAKさんもお越しくださいました。
パカ1の伝説の大技「BNコーク雑巾」が見られるかと思ったんですが、パカSPにいそしむRAKさんを見ることが出来ました。
あまりパカ2やSPをプレイしているところを見たことが無いので新鮮でした(失礼?)。

全体的に中途半端だったパカ1ハイスコアルートこれはマスクがダメダメだった
あまり調子は良くなかったですが、一応やっておきました。
ちなみにJETは8ミスで98%という大失態…orz


19時になったところで店を出発。
(この5分後にときよみさんが来店したと、後に掲示板の書き込みで知った)
今回はミッキーからJR御茶ノ水駅へ向かう。実は初。
地元の2人が道案内をしてくださるので、本当に心強い。
御茶ノ水駅の近くは楽器屋が集まっているのも初めて知りました。
駅にエレベーターが無いのはキニシナイ。

すっかり「ドキッ!E233系だらけの中央線」(何)で東京駅へ。
ここから京葉線までの長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い連絡通路をひたすら歩く。
帰宅のサラリーマンと舞浜帰りの乗客が行き交う駅構内は店が増えて賑やかに。

京葉線ホームまで付き添いの2人に見送られて、特急わかしお25号出発!
お二方、ありがとうございました!



さてこの特急は全車自由席ですが、その20分ほど前に京葉快速が発車したためか車内は混雑しておらず。
茂原までの1時間、E257系にてゆったり過ごしました。
景色は葛西臨海公園、舞浜の某リゾート、蘇我駅前などは見えましたが…
蘇我を過ぎると(田舎で?)徐々に何も見えなくなりました。



茂原駅到着は20時57分。
駅出口で明日入寺するO川師自らがお迎えに来てくれました。
いい車乗ってるなぁコイツ(笑 ※O川師が私より年下
とりあえず駅前のビジネスホテルにチェックインして、着替えてから出発。
彼の運転で明日の会場であるいすみ市のお寺へ向かいました。


茂原駅付近を出発して10分弱、景色が真っ暗です(汗
身延ばりの田舎のどかなソフトバンク携帯が圏外になる山の中に、そのお寺はありました。
前日であり、そして今日先代上人(O川師の祖父にあたる)の本通夜もあったため準備万端。
到着するなり、O川師の師父さん、家族、お手伝いさん総出でお出迎え(汗
さすがに北海道から来たと言うこともあって、かなりの歓迎ぶりです。
その中には信行道場同期のH夛師(O川師の師父が師僧なので手伝いに来ていた)の姿もありました。

寺に来て基本は御宝前で一読。
先代の回向と寺門繁栄を祈願させていただくとこれまたすさまじい感謝のされっぷり。
O川師の師父さん、O川師そっちのけ状態(汗汗

そして庫裏に通されて、でかい座布団が用意されて、寿司まで出されて…
あの、なんですかこのVIP待遇は…(笑 明日、私の諸役は侍者ですよ?

手土産として持参した白い恋人もこれまた大好評でした。
しばし歓談と質問攻め(笑


明日のことも考え23時ごろにホテルに戻る。
朝8時集合のため、移動はタクシー(おそらく5,000円弱)を覚悟していましたが…
H夛師が迎えに来てくれることに。やったぜ!



明日の準備を行い、シャワー浴びて就寝。Zzz...
ちなみに、道場を出てから他のお寺のお手伝いと言うのは今回が初めてです。

<6/25 前編>
いよいよ入寺式本番!
旅先で早く起きるのは私が子供だからだろうか?!(笑
せっかくなので朝食買いにコンビニに行くがてら、茂原駅前でも撮影してみました。
茂原へのお泊りは、ホテルニュー福本へ!
泊まったホテル(右のビル)。

茂原駅です
JR茂原駅。

茂原駅前
駅西口の様子。右の建物はジャスコです。

駅前の様子
左が駅ビル。ここの1階にセブンイレブンがあります。

この日の朝はセブンイレブンのそばとおにぎり。シンプルに。
時間通りにH夛師が迎えに来てくれました。いざ出発!
車内では道場のときの話や趣味の話。

そして会場である??寺に到着。
ちなみに、こちらのお寺の住職の交代は60年ぶりだそうです。

まだ早いですがかなりの人が集まっています。
打ち合わせやるはずだったんですが、式衆が全員揃わない。
全員揃ってから一応何かを話したような気はしますが、正式な打ち合わせと言うほどのものでもないので参考にならない。
ワタシはワタシで差定の通りに、侍者の動きさえ出来ていればいい。
一番の問題は一番経験の浅い導師なんだから(汗



9時。近所に住む総代さんの家へ向かう。
「固めの杯」という儀式が行われました。60年前にも行ったそうです。
一応、侍者のワタシにも用意されました。
杯ですから当然酒が入っているわけですが、O川師は一滴も飲めません。
儀式のあと、総代さんの御宝前において一読。導師は当然O川師。
前日「読み間違ってでも、お前さんらしく堂々と読め」とアドバイスしたのですが…
ちょっと回向にしては元気がありすぎるかな(汗
回向は朗朗と読むものですが…あと予想通り息継ぎの場所がヘン。

そして列を組んで、玄題旗を先頭に唱題更新で会場の寺へ向かう。
慣れない衣(七条袈裟と本衣、燕尾)で歩きにくいのか侍者のワタシに弱音を吐くO川師。
しっかりしろ!(笑

11時、いよいよ入寺式が始まりました。
トリッキーな動きをする導師ではありましたが、まぁまぁこなしていたと思います。
ただ、香合くらい侍者に返してくれ(汗 手届かないんだよ!
侍者のことも考える余裕が無いので、動きが早い!衣捌きは知堂の方がサポートしてくれました。
読経の発声も早すぎ感がありましたが、ベテランの式衆が上手にサポート。
奉告文も(振り仮名つきですが)元気よく読めたと思います。
彼のとりえである「元気」なところを披露することで、檀信徒の方々に安心感を与える、という一種の作戦でありました。
最後の挨拶はたどたどしかったので絶対アドリブだろうなぁと思ったらその通りでした。
(前夜に師父に「おまえ、挨拶考えたのか?!」と散々聞かれていたところを見ると、たぶん考えていなかったはず)

式衆退堂して、入寺式は無事に?終了。
O川師の師父さん、ものすごく感激していました。おめでとうございます。
「あなたのおかげです!」と力強く感謝されました。そうかなぁ?(汗

ただO川師よ、「帰りたい〜」とか言うな(爆



正午に食事休憩。



13時より(ちょっと早いですが)本葬儀が始まりました。
今度も侍者ですが、この法要の導師はこのお寺の正関与人。
ベテランのお上人ですからこちらも安心です。
…が、やはり法要は何があるかわからない。気がついた点は2つ。
・歎徳文を読んだ後、侍者の私に渡すはずが間違えてそのまま御宝前に乗せたこと。
・弔辞の後、弔電の披露を忘れて(式次第には書いていなかったが事前の打ち合わせでは弔辞の後のはずだった)読経の発声をしたこと。
※弔電は司会の判断で終了後
侍者のワタシですら気がついたのですからご本人もわかっていたようです。
「今日の導師は、20点だったなぁ〜」とボヤいておりました^^;
そして自分の失敗点は、2回目の衣捌きのタイミングが送れたこと。

あと一言いわせていただくと、弔辞長すぎ^^;

法要後、納骨の儀が行われました。
敷地内墓地の歴代廟に納骨する儀式です。


そして終了後に祝宴会場への移動となるわけですが時間が無い!
ワタシは今回正装で参加しようとスーツ持参だったのですが、どうも袴に改良服で十分だったようです。しかしワタシはこの後に移動があるため、どうしても動きやすい服装でないといけません(祝宴後に着替えていては電車に間に合わないため)。その為真っ先に着替えて、脱いだ白衣などはとにかくキャリーに詰め込むだけの状態(笑 結局、バスは先に行ってしまったのですが、O川師達が乗っているジャンボタクシーに乗せていただけました。しかも上座に(笑


15時半よりちょっと過ぎてましたが、祝宴が行われました。
料理は結婚披露宴とかで出そうなコース料理。誰だ、フルコースだとか言ってたのは(笑
しかしこの祝宴がまたキツイ。周囲は知らない人だらけだよ…(汗

ほぼ予定通り、17時半過ぎに終了、解散となりました。
出口でお見送りをするO川師を激励して、師父さんに重ね重ね感謝されて会場を後にしました。

バスで茂原駅まで送っていただき、18時14分の快速電車に乗車!
そして茂原を出発…



15両編成で、先頭車両にいたのはワタシ一人(どころか2両目は無人)。
あわてて詰めたキャリーバッグの中身を堂々と入れ替えました。
さすがに脱いだ白衣とかを広げて畳むようなことはしませんけども。


蘇我で4分以内に京葉線に乗り換える。
先頭に乗車したことが災いし、階段が遠い!しかもキャリー持ったまま。
しかし撮影できるほどの余裕があったのでそこまで急がなくても良かったかな?


海浜幕張から武蔵野線に乗り換える…が、車内はすでに混み込み状態。
ワタシは西船橋辺りから混むものと思っていたが…とりあえず西船橋までは立ったまま。
予想通り、西船橋で一気に乗客が入れ替わったので座ることが出来ました。
考えたら、武蔵野線のこの区間に乗るのは初じゃないかな。


越谷レイクタウンって何ですか。そんな駅あったっけ?
このことをパカ板の自分のスレに書いたら…
即座にとわさんから解答メールが来た。早すぎ(笑


そんなわけで武蔵浦和到着。埼京線に乗り換える。
通勤快速どれだけ混んでるのかなと思いきや、それほどでもなかった。
昔のイメージしかなかったからなぁ〜…通勤快速川越行きの殺人的ラッシュ。
湘南新宿ラインの影響でしょうか??それとも副都心線か?


そして、電車は因縁の大宮駅へ…!
(北与野出た後、大宮の手前で停止していたけども…)

戻る25日(後編)へ

inserted by FC2 system